2016年6月9日出版になりました!訪日外国人をとりこめ!「好感度アップの外国人おもてなし接客術!」Amazonと楽天で、予約購入できます。
■当協会では、会員のみなさまをはじめ、多くの方に好感度を軸とした「外国人おもてなしの接客」を学んでいただき、日本の印象を良くしていきたいと考えおります。仕事の合間や出先でも、スマートフォンやタブレットなどで場所や時間を選ばず学べることや価格も負担が少ない「電子書籍」での出版に致しました! 紙の本がいいという方、もう少々お待ちください(1カ月程度で、紙版もご購入いただけるようになります)

今回、監修を波形克彦先生にお願いすることができ、大変感謝しております。
波形先生は、300冊を超える著書の中に、おもてなしと経営についての著書がございます。
アメリカのスーパーでは、セルフレジの導入などを測り、効率的な経営をすすめたその先に、
売上をつくるのは、お客様とのコミュニケーション、おもてなしだったということ。
またセルフレジではなく「人」が対応する方法に戻っていったという内容があります。
その他にも、おもてなしを導入して成功している企業事例がたくさん掲載されています!
こちらも合わせてぜひ、お読みください。
効率経営からおもてなし経営の時代へ
■監修 波形克彦 先生
早稲田大学ビジネススクール修了(IT、物流専攻)、日本婦人新聞記者、繊維新聞記者、編集長を経て経営コンサルタントとなる。商業システム研究センター代表、中小企業診断士、ITコーディネータ。創業以来、卸売業の指導を専門にしている。著書は300冊を越える。欧米流通業の事情についても、国内で第一人者である。価格競争や経営効率を主としたシステム化が進む中、競争に打ち勝つためには、顧客と従業員によるコミュニケーション力の重要性について紹介した本『効率経営からおもてなし経営の時代へ』の著者でもある。

■職歴・経歴
東京都出身。産業能率短期大学販売能率科卒業。その後、早稲田大学ビジネススクールでシステムデザイン専攻。日本婦人新聞記者、繊維新聞記者・編集長を経て、商業システム研究センターを設立、経営コンサルタントとなる。以来、日本のコンサルタント業の第一人者として、多数の成功事例を手掛けている。それらのコンサルタント業の他、大学での指導や全国各地での講演活動も長年にわたり行っている。
商業システム研究センター代表。保有資格は、中小企業診断士、社会保険労務士、ITコーディネータ他。

■著書
『効率経営からおもてなし経営の時代へ』効率経営からおもてなし経営の時代へ
『「地方創生」でまちは活性化する―まち・ひと・しごと創生による地域活性化事例』
『アメリカ流通業の経営革新―最新レポート』
『21世紀を勝ち抜く経営戦略〈3〉飲食サービス業』
など、300冊を超える。

【出版書籍のご案内】

こちらの書籍が、「外国人おもてなし接客検定3級」の課題図書となります。この中から検定問題が出題されます。検定3級受験の方はもちろん、外国人対応の基礎、準備編として一読していただければと思います。
■外国人おもてなし接客検定の課題図書になります。
3級にチャレンジされる方は、6月9日~6月15日までキャンペーン中のうちに
ぜひご購入ください。
通常価格540円 ⇒ 特別キャンペーン価格 292円です☆
◆Amazonのページへ↓
訪日外国人をとりこめ!「好感度アップの外国人おもてなし接客術!」
好感度アップの外国人おもてなし接客術
一般社団法人日本おもてなしトレーナー協会
課題図書の購入はこちらから