こんにちは、日本おもてなしトレーナー協会代表の柳沼佐千子です。
日本人の男性は、レディーファーストを身に付けよう!

大学卒業後にカナダに約2年半ほど、住んでいたことがあります。
ホームステイしていたので、
カナディアンの家族の日常を体験してきました。

友達も、家の中も、レディーファースト

男性が女性に好かれるためのコツとして、
レディファーストをさらりとできるようにしていきましょう!

レディファーストとは?

海外と日本の女性の扱いの違い

これがまた、女性にとっては、とても快適なんですよね~!

もう、最高です!

車を乗るときも、
友人の男性が迎えに来るでしょ~、すると、
運転席からさっと降りてきて、助手席のドアあけてくれますから。

しかも笑顔でね!!

「お姫様」扱いをしてくれます。
誰にでも。

 

レディファーストのコツ①

お店に入るとき、まずは、ドアを開けます。
女性を先に通しましょう。

女性が店内に入ってから、男性のあなたが入店します。

そして、そのあと、
お店の人に、お席の案内を頼むのも、男性のあなたがします。

レディファーストのコツ②

お食事の注文の時には、
男性がします。

再注文や、お酒を注ぐのも
男性がすると、とってもレディファーストな気分を女性は味わえます。

日本では、つい、
男性が座っていて、女性が動き回る。。

こんなスタイルが多く見受けられますよね
なので、このあたりから変えていくととても女性に喜ばれます。

 

レディファーストのコツ③

車で出かけるとき。

女性を迎えにいったとします。
車を止めたら、

運転席から、降りて、助手席まで移動します。

そして、女性が乗る前に、
助手席のドアを開けるのです。

そして、笑顔で、女性が乗りこむのを手伝います。
そして、安全を確認したら、
ドアを閉めます。

あなたは、そのあと、運転席に戻ります。

とっても素敵な光景です!

海外生活で体験したレディファースト

みんなで、パブに行くでしょ。
すると、お酒は男性がおかわりを持ってきてくれる。
コップが足りないと、男性が取りに行ってきてくれる。
注文するために、ウェイターを呼ぶのも、男性。

女性は、座っていればいいんです(笑)
そこにいればいいんです。まさに花!

これが、とっても快適!!

街中で、これが当たり前なのです。
エレベーターを乗るとき、
降りるとき、ビルの入り口のドアを開けるとき、
ぜんぶ、知らない男性が、一緒にたまたたまそこに居合わせると、
必ず、女性のために、開けてくれます。

先にどうぞ、って、行かせてくれます。

これにすっかり慣れて、日本に帰ってきた瞬間、

「あれ・・・・・」

街中すれ違う男性は、無表情、
エレベータ―も、車に乗るときも、
自分か先にさっさと行ってしまい、
女性がちかくにいても、目を合わせることもなく、無視。

夫婦や恋人が歩いている姿も、
女性が男性の後ろを歩いている(;^_^A

カナダやアメリカでは、女性が前を歩いている雰囲気です。
男性は、女性の背中に手を添えて後ろからエスコートしている雰囲気ですもんね。

まるで、違います。

あまりの違いに愕然。
女性は、アメリカやカナダの男性のレディーファーストを体験してしまうと、
たまりませんね・・・。

日本人男性も、
少しずつ、この感覚を取り入れてほしいなって思うんです。

日本の街中全体、会社の中、笑顔が増えて、
思いやりが前に表現され、温かい雰囲気になりますよね。

「女性中心」に。

これが、女性の社会進出というベースをつくるんじゃないかなっても
思うんですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一般社団法人 日本おもてなしトレーナー協会事務局

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-4-10 第一幸田ビル5F
tel. 03-5201-3930 fax. 03-6369-3512

※日本おもてなしトレーナー®に興味のある方も募集中!
・事前登録を受付中です!
お気軽にお問い合わせください。

※日本おもてなしトレーナーに興味があるけれど、もう少し詳しく聞いてみたいという方は、
スカイプ/facebook動画を利用して、ご説明することも可能です。
お知らせください。