こんにちは、柳沼佐千子です。講演会やセミナーを企画し、無事終了したあと、ホッとする前に、
講師へのお礼のメールを送らなきゃと思っている方もいらっしゃいますよね。

 

登壇してくださった講師の方に、お礼メールでご挨拶しましょう。

そのとき、感謝の気持ちを伝えると好印象です。ありきたりの、
いかにもマニュアルな文章だなぁと思われないよう、

講演会の受講の感想や気づき、参加者のアンケートや意見の良かったところをお伝えしましょう。

お互いに人と人のお付き合いです。今後もどこで会うかもしれませんし、また同じ講師に講演やセミナーをお願いする機会もあるかもしれません。

では、早速お礼のメールの書き方をご紹介しますね!

講演会のお礼のメールを送るときの書き方のコツ

メール

講師に講演会やセミナーのお礼のメールを送る前に、書き方や、相手に好印象になるためのコツをご紹介しますね。

お礼のメールは、手紙と違い、簡易的な方法

講師にお礼状、ハガキや封書でお礼の手紙を送るのが一番正式な形です。しかし、今の時代、手紙でくることがほとんど減りました。メールは簡単に送れるのと、タイムリーに送れるのが良いところでもあります。ただ、メールが普通というより、略式な方法であると知識として押さえておきましょう。お礼メールが普通の一般常識というわけではなく、あくまでも、簡易的なほうほうであるという意識を忘れずに。

目上の人などによっては、メールだけで失礼だなと感じる人もいるかもしれません。なので、正式な方法でと思う相手には、手紙やハガキで送ることも考えましょう。

お礼のメールを送り、お礼状も出しても良いですよ。

メールの件名の書き方

メールのタイトルにもなる件名の書き方について押さえていきましょう。 一目で趣旨が伝わるようにします。メールの本文の用件が一行で理解できることが大事です。タイトルは新聞の見出しのように、わかりやすくしましょう。

件名は、「講演会のお礼」「研修のお礼」などのように、わかりやすくしましょう。

メールの件名を見ただけで、用件がわかるタイトルを選んでつけるといいですね。

講師に講演のお礼メールを送るときの文例

セミナー講師

次に、講師に講演や研修のお礼で、メールを送るときの文章例をご覧くださいね。

講演会やセミナーなどの講師にお礼のメールの文章例

件名「講演会のお礼」」

株式会社〇〇〇〇
佐藤 太郎 様

いつもお世話になりありがとうございます。

先日の講演会では、大変貴重なお話をありがとうございます。

講演会の参加者のみなさまのアンケートで、「わかりやすく、すぐに役立つ内容」と
高評価が多数ございました。

秋には、社員向けのセミナーを企画しております。ぜひ先生にご登壇いただければと思っております。
また近くなりましたら、改めてご連絡いたします。

この度は、ありがとうございました。
今後とも、引き続きよろしくお願いいたします。

 

セミナーのお礼を講師にメールで送るとき

件名「セミナーのお礼」

株式会社ABC
佐藤 太郎 様

お世話になっております。
先日は、セミナー講師としてご登壇いただき、ありがとうございました。

参加募集定員を大幅に超える受講者の申し込みで、
多くの方にご参加いただけました。セミナーの感想や評価も高く、
「また先生のセミナーを受講したい」という声が多数寄せられました。

〇〇様にご登壇いただけましたこと、心より感謝いたします。

また講演やセミナーを開催することが定期的にございますので、引き続き、ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

文章作成のポイント:

挨拶やお礼の文章
講演の感想など
結びの挨拶やお礼

講師へのお礼をメールでお送りする場合は、相手に好印象な言葉を選ぶのが大事です。講師の方への感謝を伝えましょう。講師とは良いお付き合いをしておけば、次回からの講演会やセミナー社員研修などを企画したときに、お願いする際、依頼しやすいです。

メールも、人間関係を大事する言葉や文章を心がけましょう。