こんにちは、柳沼佐千子です。

セミナー講師として10年。主婦でゼロ起業から、今では大企業からも依頼がくる
年間登壇数150回~、96%リピート率の人気講師になりました。

人気セミナー講師のわたしが、セミナータイトルの付け方のコツをお伝えしますね!

集客がなかなかうまくいかない、
セミナーで、新規顧客を獲得したい方、ぜひキャッチコピーを見直してみましょう!

セミナーの依頼は、タイトルで決まる!

セミナー

セミナーの内容には自信があっても、集客できない^^;と悩んでいませんか?

実は、セミナーの内容の前に、セミナーのタイトルが重要なんです。
セミナーの集客や依頼数、きてほしいお客様、にヒットするかどうかは、8割はタイトルといえます。

実際に、3人しか集まらなかった同じ内容のセミナーのタイトルとチラシを変えたら、
30人集客できたことがあります。

セミナーのタイトルは参加者や企業研修の担当者が、そのセミナーがほしいないようかどうか、役立ちそうかなどを判断する上での決め手となる重要なのです。今回は、依頼がほしい企業や自分のきてほしいお客様に、伝わるセミナータイトルの付け方をご紹介しますね。

 

ターゲットを決める!

セミナー

誰に来てほしい人セミナーなのかをタイトルを決める前に、決めることがポイントです。誰に来てほしい、ということをターゲットという言い方をします。

このセミナーのターゲットは誰ですか?
=このセミナーに来てほしいお客様はどんな人ですか?

と同じ意味です。

ターゲットは、誰向けに?という意味になりますね。ビジネスの用語では、当たり前に使う言葉のひとつですので、覚えておきましょう。

ターゲットを書き出します。

ターゲットの例

「中小企業の社長」
「社員が暗い企業」
「スピーチが下手な人」
「売れないセミナー講師」
「士業の先生」
「初心者セミナー講師」

セミナーの目的に合わせて、ターゲットも変わります。あなたが出会いたいお客様を書き出してみましょう。意外とたくさんの相手にセミナーをつくることができるものです。

セミナーをどのように使うのかによっても、変わってきます。

例えば、 セミナーを通じて、サービスを売りたい人もいますし、 あるいは長期的にコツコツと将来の見込み顧客と出会って、リストを集めておくのかなど、ターゲット像は変わってきますね。

そしてセミナータイトルの中では必ず、「あなたのターゲットに、あなたのためのセミナーですよ」と明確にわかるようにすることが大事です。同じようなセミナーや同業者の似たタイトルのセミナーがあり、類似の内容のテーマで溢れていいるのです。ネットで検索してみてくださいね。その中で、ターゲットの人に、「これは自分のためのセミナーだ!」「このセミナーに行ったら、解決できるかもしれない!」と自分のためのセミナーというくらい伝わるように、誰のためのセミナー、あなたのためですよ!がを明確に伝えましょう。

そのためには、
「ターゲット」をまず、決めることが重要ということです。

相手の悩みを書き出す

上記の黄色のマーカーで囲ってるところが、ターゲットの悩みの部分です。
あなたのターゲットの悩みを書き出しましょう!

このセミナーでは、ターゲットの悩みは、

「忙しい割には、単価が上がらない」
「実力があるのに、お客様から選ばれない」

を打ち出しました。

あなたのセミナーのお客様(ターゲット)の悩みをたくさん書いていくことがカギですよ!

例:考えてみましょう!
「士業の先生」の悩みはなんでしょうか?

「新規顧客を増やしたいのに、やりかたがわからない」
「カッコ悪いから、営業活動はしたくない」
「社交的じゃないから、自分から話しかけられない」
「セミナーをやっても、真面目で面白くなくなってしまう」
「初回面談で、相手と打ち解けるまでに時間がかかってしまう」
「同業が多くて、将来不安だ」

こんな感じに書き出していきます。
たくさんあるほど、いろんなセミナータイトルができるのがわかりますね。

では、ターゲットと悩みを組み合わせて、
誰に来てほしいセミナーなのかをつくります。

「新規顧客を増やしたい税理士の先生のための」
「受講者の心を惹きつけたいセミナー講師のあなたへ」
「うまく節税をしたい中小企業の社長の」

誰の、どんな悩みや課題を解決するセミナーなのかをチラシを見た瞬間に伝わることがコツです。

 

 

手に入れたい未来の姿を書き出す

セミナータイトル
この画像の中に、相手の理想の姿が入っています。水色のマーカーで囲ってるところです^^

「全国からあなたに直接依頼がくる!」
「人気セミナー講師になる!」
「90分で35万円稼ぐ!」

悩みを書き出したら、次に、その悩みや課題を解決したら、どういう未来が待っているのか?
を書き出しましょう。

そのことを、ベネフィットと呼びます。
ベネフィットとは、得られる利点というような意味です。

例えば、
太っている(悩み・課題)が、解決したら「スリムになって女性からモテる」

このような解決した後に得られる結果のことです。
この理想の未来の姿をはっきりと、チラシや文章に入れ込むのが大切なんですよ。

「セミナーの話し方が魅力的になって、新規顧客が増える」
「契約率を30%アップ」
「出会ったっ瞬間に相手から好かれる」

どんな嬉しい未来が待っているのか、理想の状態になれるかを明確に伝えてあげるのです。このセミナー、わたしの悩みを解決してくれる!そしたら、こんな未来の自分になれるんだ!とイメージがはっきり受講希望の方に伝えると、すぐに参加しなきゃ!!と行動に繋がっていきます。

 

タイトルを完成させる!

「○○で悩んでいる人が、○○になれる セミナー」これを基本にして入れてみましょう。

☆『新規顧客が増えないと悩んでいる士業が、営業いらずで紹介がぐんぐん増える!話し方のセミナー』

☆『営業が苦手でもできるコンサルタントのための、セミナーでお客様を増やす!3つのコツ』セミナー

☆『下請け派遣セミナー講師から脱出! 直接全国から依頼がくるセミナー講師になる秘訣セミナー』

 

タイトルが決まったら、チラシやWEBサイトの画像にしましょう!デザインによっても、かなり印象が変わります。文章だけより、もっとイメージがわきますね! 左上のピンクの字が、ターゲットが悩んでいることを記載しています。

プロフィールも大事なポイントになるので、セミナーチラシを作るときは、こちらもチェックしておいてくださいね。

◆1つ目の練習問題です!この画像を見て、推測してみましょう!

1.ターゲットは誰でしょうか?
2.ターゲットの悩みは何でしょうか?
3.理想の未来は、どうなるのでしょうか?

もう一つ見ていきましょう!

◆2つの目の練習問題です!この画像を見て、推測してみましょう!

1.ターゲットは誰でしょうか?
2.ターゲットの悩みは何でしょうか?
3.理想の未来は、どうなるのでしょうか?

ターゲットが悩んでいること、欲しい理想の未来が、この画像の中の言葉として散りばめられていますね!
いくつ、わかりましたか?

 

ポイントを押さえれば、あなたも、魅力的なセミナータイトルができますよ!

 

商工会議所のセミナー講師の募集のチャンスを見つける方法

 

 

まとめ

ステップ1:ターゲットを決める!
ステップ2:悩みを書き出す!
ステップ3:理想の未来の姿を書き出す!
ステップ4:タイトルにまとめる
ステップ5:チラシや画像にする

さっそく、作ってみてくださいね!
タイトルは決まるまでに、何度も何度も、修正したり、考え直して、作成しています。
何人かに意見を出してもらいながら作ることが成功のカギです!

そして、一度やってみて、集客や反応が悪いときは作り直します。
一度でできれば、嬉しいですが、何度も考えて修正を繰り返して、精度を上げていくのが、一般的ですよ^^

まずは、やってみることからです!

 

人気講師マニュアル